医療法人創治 竹本病院

交通アクセス | フロアマップ |

 TEL:0880-35-4151
   
ホーム 外来のご案内 入院のご案内 診療科のご案内 病院案内 広報誌 求人情報
 

■ 診療科・部門のご紹介
 内科外来
 眼科外来
 整形外科外来
 一般病床・地域包括ケア病床
 病棟地域包括ケア病棟
 リハビリテーション部
 回復期リハビリテーション病棟
 地域支援室
 薬剤科
 放射線科
 
 検査項目一覧
 採用薬剤一覧

 放射線科


  放射線業務

 当院では一般撮影をはじめ、CT、MRI、ポータブル撮影、骨密度測定、VF(嚥下造影)、透視撮影等の
各種検査を3名の診療放射線技師で遂行しています。
 また、緊急時においても円滑な検査が行えるよう、365日24時間対応しています。

 
  放射線理念

Ⅰ.質の高い医療の提供
 ① 医療画像の質の向上に努める
 ② 技術と知識の向上に努め、他部門と連携してチーム医療への貢献に努める

 
Ⅱ.患者様中心の医療の実践
 ① 患者様の人権を尊重し、思いやり・優しさを持って接する
 ② 常に患者様に気を配り、検査時間・待ち時間の短縮を心がける
 ③ 医療事故防止に努め、安心・安全な検査を提供する




PACS(医療用画像管理システム)
 富士フイルム SYNAPSE Mini-X

 画像診断は、PACSに富士フィルムのSYNAPSEを導入し、フィルムレス運用をおこなっています。すべての画像を保管し、各診察室に配信しています。
 高精細液晶モニターにより、診断能力の向上と高速化が可能となりました。

   


骨密度測定装置 日立 Dichroma Scan DCS-900FX

 当院では最新の骨密度測定装置(DEXA法)を導入し、骨粗鬆症の診断をおこなってます。骨密度測定で重要視される腰椎・大腿骨・前腕の測定に対応しています。
 また腰椎測定:約40秒※ 大腿骨測定:約20秒という短時間測定が可能で,被験者への負担を軽減することができます。(※腰椎測定時:標準モードによる)骨粗鬆症の治療の効果判定としては4ヶ月に一度位で測定するのをお勧めします。

   


当院では富士フイルム社製の三次元画像解析ワークステーション「SYNAPSE VINCENT」を導入しており、画像データを高速処理することにより高精度な3D画像の作成が可能になりました。

<参考画像>

   


CT装置 東芝 Activion16

・最薄0.5mmのスライス厚、固体検出器の採用で、低線量でありながら高画質を生み出します。
・高画質を維持しながら低線量撮影をするため患者様の被ばくを低減できます。
・16列同時撮影により、肺全体の高精細画像が10秒以下で撮影可能であり、これにより、患者様の息止め負担を軽減します。
・ 造影剤を使用した検査では大動脈、腹部、頭頚部、下肢等の全身の血管に対しても血管造影検査と同等あるいはそれ以上の情報を得ることができます。
 また、三次元画像(3D画像)は血管の検査以外にも骨・関節など整形外科外来領域でも広く利用され、立法的な構造を知るのに役立っています。

   
 
   
 
   
 
   
 
   
 




 〒787-0015 高知県四万十市右山1973番地2
  TEL:0880-35-4151 FAX:0880-35-4155
  E-mail:th-takemoto@poem.ocn.ne.jp
  Copyright 医療法人創治 竹本病院 All Rights Reserved.
 | トップページ | 個人情報保護方針 |